外国人登録原票について

こんにちは、行政書士法人I MSの岩渕です。

本日は外国人登録原票について触れたいと思います。
皆様にはこの外国人登録原票という書類は、馴染みがないのではないでしょうか。

平成24年7月9日,新たな在留管理制度が導入されたことに伴い外国人登録制度は廃止されました。
それに伴い,それまで市区町村で保管されていた「外国人登録原票」は,法務省に送付され,保管されることになりました。

外国人登録原票に記載されている個人情報は,平成24年7月9日の外国人登録法廃止以前に,外国籍の方が市区町村に登録の申請をされた下記(1)から(24)の個人情報が記載されています。

(1)氏名,(2)性別,(3)生年月日,(4)国籍,(5)職業,(6)旅券番号,(7)旅券発行年月日,(8)登録の年月日,(9)登録番号,(10)上陸許可年月日,(11)在留の資格,(12)在留期間,(13)出生地,(14)国籍の属する国における住所又は居所,(15)居住地,(16)世帯主の氏名,(17)世帯主との続柄,(18)勤務所又は事務所の名称及び所在地,(19)世帯主である場合の世帯を構成する者(世帯主との続柄,氏名,生年月日,国籍),(20)本邦にある父・母・配偶者((19)に記載されている者を除く。氏名,生年月日,国籍),(21)署名,(22)写真,(23)変更登録の内容,(24)訂正事項

平成24年7月8日以前に,市区町村において登録原票の記載事項について変更の登録を申請されている場合,その履歴(氏名,国籍,職業,在留の資格,在留期間,世帯主の氏名,続柄,居住地等)についても記載されています。

外国人登録原票は、外国籍の方がご自身で法務省に請求でき、以前は帰化申請の際に必修の書類となっていました。
取得には2週間から1ヶ月程かかり、ご自宅に送付されます。
一定の手数料がかりますが、ご自身の在留歴などをご確認できる資料といえます。

-ブログ一覧へ-