出入国記録について

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

先日、ブログで外国人登録原票について書きましたが、今回は外国人出入国記録について書かせて頂きます。

出入国記録とは、日本人又は外国人の出入国に関する記録で、入国審査官の出入国手続きを経たものが対象となります。
従って、入国審査官による出入(帰)国手続を経ない船舶・航空機の乗員や,日米地位協定該当者(在日米軍関係者)としての出入(帰)国の記録は保管されてありません。

日本人の出帰国記録は,昭和48(1973)年 4月1日以降、外国人出入国記録は,昭和45(1970)年11月1日以降から請求日現在まで請求できます。

開示請求ができるのは,本人(本人が未成年者又は成年被後見人の場合にはその法定代理人)に限ります。

開示の決定に要する期間は、法律により開示請求があった日から30日以内にすることとされています。(実際の開示決定までの期間は,案件ごとに相違)。 

外国人出入(帰)国記録に係る開示請求については,外国人登録原票の請求と同様、所定のフォームに必要事項を記載し、300円の収入印紙を貼付し、在留カードのコピーや返信用封筒を同封し、郵便で請求することができます。

外国人出入国記録の資料は、ご自身の在留歴を確認すると同時に、出入国の記録も確認できる資料です。

 

-ブログ一覧へ-