就労資格証明書

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

転職した場合には、活動機関(又は契約機関)に関する届出をする必要があります。また、義務ではありませんが、「就労資格証明書」というものを取得することができます。これは、転職先の企業で現在お持ちの在留資格で就労できることを証明するものです。
 同じ在留資格で就労する場合でも、退職した企業で取得した在留資格の場合、同じ職種でも転職先の企業と会社の規模や業務内容等で異なる点があるときに、現在の在留資格での就労が認められない可能性もあります。(在留期間更新許可申請の際に、申請が許可されず、お持ちの在留資格で就労できないことが明らかになることが多いと思われます。)

次回の在留期間更新許可申請の審査が簡素化されるという利点もあるので、転職前に手間はかかりますが、就労資格証明書を取得することも検討されてみてください。

-ブログ一覧へ-