ESTA模倣ウェブサイトにご注意ください。

こんにちは、行政書士法人IMSの岩渕です。

弊社ではアメリカのビザのご取得をお手伝いしており、お電話でのお問い合わせも多く頂きます。
しばしば頂くお問い合わせに、ESTAに関するものがあります。

ESTAとは、アメリカのビザ免除プログラムの一部で、短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行するすべてのビザ免除プログラム渡航者(ビザ免除国の国民)は、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証を受けなければなりません。14ドルの申請料を支払う必要があり、ESTAは米国国土安全保障省(DHS)により2009年1月12日から義務化されました。

ご注意いただきたいのは、ESTA申請について検索すると、大使館の公式な申請サイトではなく他の代行業者のサイトに行ってしまうことがあることです。実際、弊社にもESTAの申請をしたけれども、お金を8000円程度支払い、かつ申請の状況がどうなっているのかわからない、どの業者が申請したのかわからないといった相談のお電話をいただいたこともございます。

在日米国大使館・領事館のウェブサイトにも、以下の注意があります。

「注:無許可の第三者が模倣ウェブサイトを立ち上げ、情報提供料や申請手数料をとっていることに留意してください。これらのビジネスやウェブサイトは米国政府とは一切関係ありませんので、十分御注意ください。」

他のサイトに誘導され誤った情報が入力されると、ESTA渡航できなくなる可能性もある為、夏休みにアメリカに行かれるためにESTA申請をされる方は、くれぐれもご注意ください。

ESTA申請公式サイト:  https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

-ブログ一覧へ-