日本以外の国籍を選択・取得すること

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、日本では重国籍は認められていません。

例えば、アメリカで日本国籍の両親から生まれた場合は日本とアメリカの国籍を取得し、日本国籍の父(又は母)と韓国籍の母(又は父)との間に生まれた場合には、日本と韓国の国籍を取得するという、2つの国の国籍を有する場合もあります。ただし、これらの場合でも22歳に達するまでに国籍を選択するよう、国籍法で定められています。

また、日本国籍の方が自ら米国市民権などの外国国籍を取得した場合には、取得した時点で日本国籍を喪失します。事実上、喪失した場合にも、戸籍に反映させるために国籍喪失届を提出します。

当然ながら、日本以外の国籍を選択・取得後、期限が有効であっても、以前から持っていた日本のパスポートを使用することはできず、日本に中長期間(3カ月以上)滞在する場合には、適法な在留資格を取得する必要があります。

 

 

 

-ブログ一覧へ-