日本国籍以外の国籍を取得した場合

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 

日本国籍を持っていた方が帰化等で外国籍を取得した場合、取得した時点で日本国籍を喪失します。そのため、日本に中長期間(3カ月以上)滞在するためには、適法な在留資格を取得する必要があります。

例えば、日本の大学や専門学校に入学する場合には「留学」の在留資格、日本にある企業に就職する場合には「技術・人文知識・国際業務」等、就労するための在留資格を取得することになります。その他、外国籍の配偶者がいて、日本に滞在する場合には「家族滞在」、日本人の配偶者がいる場合や日本人の実子の場合には「日本人の配偶者等」の在留資格を検討することとなります。

今後継続して日本に滞在することを考えている場合には、様々な要件をクリアする必要がありますが、永住許可申請や、もう一度日本国籍を取得するために帰化申請を検討される方もいるでしょう。なお、元々日本国籍を有していた方の帰化申請は、外国籍から帰化申請をされる方よりも要件が緩和されています。

-ブログ一覧へ-