外国人労働者に対する需要

こんにちは、行政書士法人IMSの岩渕です。

本日の朝のNHKのニュースで、人手不足が深刻化する中、大手ハンバーガーチェーンの日本マクドナルドは、働くことを希望する主婦、数万人の採用を目指して、採用活動を強化することになったとありました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170905/k10011127771000.html

そのニュースを聞いてすぐに頭に浮かんで来たのは、労働力不足も理由の一つとなり、外国人の採用を積極的に検討される企業様が増えているということです。
外国人のお客様が増加しつつある飲食業界で外国語に対応するようにシステムを変更したり、日本人にはない斬新なアイデアをマーケティングにおいて必要とするなど、確実に外国人労働力に対する需要が増えつつあるのを感じています。

今後も優秀な外国人労働者に日本の労働市場に魅力を感じて頂き、日本経済や日本社会を活性化していただきたいものです。

-ブログ一覧へ-