ヨーロッパにおける事前入国審査

こんにちは。行政書士法人IMSの松井です。
前回に引き続き、旅行で遭遇したヨーロッパの出入国管理の様子をお伝えします。

皆さんは、電車でヨーロッパの国境を超えた経験はおありでしょうか?
今回の旅行では、ベルギーのブリュッセルから、英国のロンドンへユーロスター(国際高速鉄道)で移動しました。ベルギーは、シェンゲン協定(域内の人の移動の自由を定めた協定)加盟国のため、例えば、同じく加盟国であるフランスからベルギーへの入国の場合は、出入国審査がありません。しかしながら、英国は同協定に加盟していないため、英国への出入国の際には審査があります。

ユーロスターの場合には、出発駅の構内で、出入国審査が行われます。駅の一部に壁で覆われた専用の大きな部屋があり、まず改札に電車のチケットを通すと、次に飛行機並みのセキュリティチェック、荷物検査がありました。引き続いて、ベルギーの出国審査、英国の入国審査が順番に行われました。前回お伝えしたとおり、英国の入国審査ではきっちりと時間を掛けて質問されます。英国の入国許可をもらって、乗車ホームが開放されるまでは、カフェなどのあるラウンジで待機です。なお、改札でのチェックインは、ユーロスターの出発時間の30分前までに済ませる必要があるそうなので、時間的余裕をもって駅に到着されることをお奨めします。ロンドンのセント・パンクラス駅に到着後は、何の手続きもなく、すぐに駅から出られます。

約2時間ほどのユーロスターでの電車の旅は快適でした。きれいな車内で、Wifi もフリーでつながります。車内放送が、ベルギー出発時は、フランス語、オランダ語、英語の順で流れましたが、ドーバー海峡を超える海中トンネル内で英国領域内に入ると英語、フランス語の順で流れ、面白かったです。

-ブログ一覧へ-