外国人の定義

こんにちは。行政書士法人IMSの松井です。

世界は、急速な勢いでグローバル化が進んでいると言われております。日本でも街中で、様々な人種・国籍の外国人の方を見かけることが珍しくなくなってきました。法律上、外国人とはどのような人々のことを言うのでしょうか。

出入国管理及び難民認定法(入管法)の第2条第2号において、外国人とは、「日本の国籍を有しない者をいう。」と定められています。つまり、日本と外国との重国籍の方は日本人であり、無国籍者の方は外国人となります。米国など生地主義の国で生まれた場合、両親が日本国籍であっても、米国籍を取得でき、国籍留保の届出をすることによって、同時に日本国籍も保有できます(日本の国籍法上では、22歳になる前に国籍の選択が必要です。)。このような日本と米国の二重国籍のお子さんの場合は、米国の出入国は米国のパスポートで、日本の出入国は日本のパスポートで行えば良いということになります。

たまに、日本国籍を有しながら、外国のパスポートで入国されてしまう方がいらっしゃいますが、そういった場合には、入国後に地方入国管理局にて在留資格の「抹消」の手続が必要になります。日米地位協定等の該当者の方なども、入管法適用外ですので、「短期滞在」等の在留資格で入国してしまった場合には、同様の手続が必要です。弊社では、在留資格の「抹消」の手続のお手伝いも可能ですので、お気軽にお問合せください。

-ブログ一覧へ-