東京入国管理局

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

日本人の方で入国管理局に行ったことがある方は、一部の方だけではないでしょうか。
留学生を受け入れる日本語学校や専門学校、大学や外国人を採用される企業の人事担当の方など。
私も入管取次申請者の資格を取得するまでは入国管理局に足を運んだことはありませんでした。

弊社が通常申請を行うのは、品川にある東京入国管理局です。品川駅港南口を出て5分ぐらい歩き、都営バス8番乗り場から東京入国管理局行きのバスに乗ります。港南口を出ると、「東京入国管理局方面」とバス乗り場まで案内が出ており、バス乗り場にもわかりやすく表示が出ています。また、外国籍の方がたくさん並んでいるバス停なので、すぐにわかるかと思います。

品川駅から10分ぐらいバスに乗ると「東京入国管理局前」のバス停があるので、そちらで下車します。さすがに、入国管理局前のバス停では、バスの乗車料金について多言語でわかりやすく表示が出ています(写真参照)。

東京入国管理局は、品川埠頭に近く、周囲には大きな倉庫や工場が並びます。
また、東京入国管理局の建物内部は若干複雑な作りになっており、最初は迷うかもしれません。(http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/kikou/service_counters_ja.pdf

内部では(一般の方が行かれるのは主に1階と2階)、多くの方が待つことができるように、沢山の座席があり、子供の遊ぶスペースも用意されています。また、1階にはコンビニエンスストアも入っており、広めのイートインスペースも隣接されています。

何らかの機会がある場合には、一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-