看護・介護にかかわる外国人のための日本語スピーチコンテスト

こんにちは。行政書士法人IMSの瀧内です。
現在、医療・福祉現場への外国人の受け入れが進んでいます。
しかし、医療・福祉の職に就くために難関となっているのが「日本語」なのだそうです。
そんな医療・福祉の現場で働く外国人の為の日本語スピーチコンテストがあるそうです。
一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)が実施する「看護・介護にかかわる外国人のための日本語スピーチコンテスト」です。
受賞者のスピーチを文章ですが読みました。
どの受賞者からも、最初は日本語が出来ず苦労したけれども、徐々に利用者と心を通わせて頑張っている様子などがとても伝わってきました。
外国人の方と日本人のお年寄りの間の国際交流を知り、心が和みました。

-ブログ一覧へ-