外国語で医療機関を紹介する無料アプリ

こんにちは。行政書士法人IMSの瀧内です。

 

先日、外国人観光客の受け入れ態勢が整っている医療機関を紹介するスマートフォン用無料アプリが開発されたというニュースをNHKで見ました。

 

アプリは英語と中国語に対応していて、クリニックを中心に47都道府県の247施設が登録されているそうです。

 

アプリを起動すると、現在地から近い順に医療機関と受診できる診療科が表示され、ワンタッチで電話を掛けられるそうです。また、その時間に診療を受け付けているかも一覧表になっていて、とても便利そうです。

さらに、受診する際の注意事項も記載されていて、日本の健康保険が使えない人は病院ごとに費用が変わる可能性や病院によっては紹介状の有無で費用が変わることなどが紹介されているそうです。

 

今月27日から「アップストア」か「グーグルプレイ」でダウンロードできます。

-ブログ一覧へ-