在留カードの有効期間更新申請

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

入国管理局の申請の中に在留カードの有効期間の更新申請というものがあります。対象者は永住者や高度専門職2号で在留期間が無期限となっている方、在留カードの有効期間の満了日が16歳の誕生日とされている方です。在留期間が無期限の方は、在留期間が無期限でも在留カードには有効期間があります。

時々、在留期間更新許可申請と在留カードの有効期間の更新申請を混同されている方がいますが、在留期限の定められている方で、同じ在留資格で在留期限を更新するためには、在留期間更新許可申請により、引き続き、現在の在留資格での活動に該当するかについて、入国管理局の審査を受ける必要があります。

在留カードの有効期間の更新申請は、永住者や高度専門職2号の方は、有効期間の満了日の2か月前から有効期間満了日まで、在留カードの有効期間満了日が16歳の誕生日とされている方は、16歳の誕生日の6か月前から誕生日までの申請が受け付けられ、原則として即日交付されます。
更新を怠ったことが判明した場合には、有効な在留カードの携帯していないこととなり、事情にもよりますが、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金が科されることがありますのでご注意ください。

-ブログ一覧へ-