フィリピン国籍の方の国籍証明書について

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕でございます。

前回に引き続き、帰化申請の際の国籍証明書について書かせていただきます。

今回はフィリピン国籍の方のケースについてです。
結論から申し上げますと、フィリピンに関しては国籍証明書がないため、出生証明書を認証したものをご用意いただきます。
国籍証明書そのものがない国の場合、代替書類を法務局から指示されます。

フィリピンの方の場合、在留資格の申請や帰化申請の際に提出いただく本国取得の書類に関しては、全てPSA(Philippine Statistics Authority)発行のものをご用意いただきます。
市役所等発行の証明書ではなく、PSA発行の証明書が必要となります。
PSAで出生証明書をご取得いただいた後、本国の外務省で認証をしていただきます。フィリピンの外務省で認証を行うと赤いリボンが証明書にかけられるため、「レッドリボンをかける」と表現することもあります。

ご推測されますように、時間と手間がかかりますので、お早めにご準備されることをご推奨いたします。

-ブログ一覧へ-