日本入国の際のパスポートの有効期限

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

お客様からしばしば、「日本での滞在予定期間すべてをカバーするパスポートの有効期限がなくても来日できるか」とのご質問を受けます。

結論から言いますと、日本に関しては、入国の時点で有効な旅券(パスポート)を保持していれば入国可能です。
例えば、中国瀋陽にある日本領事館のホームページにも、外務省による同様の回答があります。
http://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/jp/visa10.html

ただし、上記ホームページのQ&Aにあるように、滞在予定期間中にパスポートが切れることが明らかな場合、特に短期の滞在であれば、トラブルや国外での手続きの手間を省くためにも、事前に更新の手続きをされた方が安心して滞在することができるといえます。

なお、国によって、入国の際に必要な旅券の残存期間は異なっており、様々な扱いがあります。
例えば、入国時に3ヶ月以上必要とする国(台湾、韓国)、6カ月以上必要とする国(タイ、中国)、出国時に3か月以上の残存期間が必要とする国(フランス、ドイツ)または6カ月以上とする国(シンガポール、ベトナム、カンボジア)、帰国まで有効な旅券が必要とする国・地域(イギリス、オーストラリア、スペイン、ハワイ、グアム)などがあります。

-ブログ一覧へ-