すべての人の出入国の公正な管理とは?

こんにちは、行政書士法人IMSの森崎です。

 

先日は、入国管理局の目的についてお話させていただきました。

入国管理局って?

 

今回は、

入国管理局の仕事についてお話させていただきたいと思います。

 

入国管理局の仕事には、

1.すべての人の出入国の公正な管理

2.外国人の在留の管理

3.中長期記在留者の在留管理制度、特別永住者証明書への切り替え・有効期間更新

4.外国人の退去強制

5.難民の認定

などがあります。

 

まずは「すべての人の出入国の公正な管理」について

お話させていただきたいと思います。

 

近年日本を訪れる外国人は増加傾向にあります。

平成26年には外国人入国者数は日本人出国者数を上回りました。

また、外国人入国者を国籍、地域別にみても他国にわたっています。

 

ですので、正当な目的をもって日本を訪れる外国の方々にスムーズに日本への入国、

安心した生活を送ることが出来るようにするようにすることが入管の仕事ということになります。

また、外国人によって、日本国民の生命・安全、産業などの国民生活上の利益を守ることも入管の仕事となります。

 

このように受け入れる側と、受け入れられる側の2つの立場を守りことにより

「すべての人の出入国の公正な管理」を行っているわけです。

 

-ブログ一覧へ-