在留資格「教授」

こんにちは、行政書士法人IMSの森﨑です。

 

今回は在留資格「教授」について、

お話させていただきたいと思います。

 

在留資格「教授」とは、

日本の大学、若しくは設備及びカリキュラム編制に於いて

大学と同等と認められる機関に於いて

活動するものを言います

 

例えば、

学長、所長、校長、副学長、副校長、教頭、

教授、助教授、講師、助手等として研究、

研究指導・教育をする者で、

在留資格「教授」は研究そして研究の指導等も出来ます。

 

また、教授は収入を伴って活動をする必要があります。

-ブログ一覧へ-