在留資格抹消願出書

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

4月に入り、新年度が始まりました。今日から新生活をスタートされる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
大学に入学される方や企業に入社される方の中には、弊社にて申請代行を承った方も多くいらっしゃいます。3月の後半にかけては、新たに在留カードを引き取るために、通常よりも多く入国管理局に出向きましたが、同様に在留カードを引き取りに出向いている方が多く、非常に混雑していました。

外国籍の方が日本の大学に入学する場合には、在留資格「留学」を取得し、来日することとなりますが、日本国籍と外国籍との二重国籍をお持ちの方の場合には、在留資格を取得せずに、日本のパスポートでご入国いただくこととなります。もう一方の国籍が査証免除国に該当する方で、万が一、外国籍のパスポートで入国した場合には、短期滞在の在留資格でのご入国となります。短期滞在では90日以上滞在することができないため、引き続き日本に滞在し続けるためには、一度出国し、日本のパスポートで再度ご入国いただくか、出国しない場合には在留資格抹消願出書により、現在の在留資格である、短期滞在を抹消する手続きを行うこととなります。こちらは、帰化により日本国籍を取得した場合にも行う手続きです。

-ブログ一覧へ-