在留資格「家族滞在」

こんにちは、行政書士法人IMSの森崎です。

 

今回は在留資格「家族滞在」についてお話ししたいと思います。

 

家族滞在とは、日本に長期滞在する外国人の

扶養を受ける配偶者又は子に対して与えられる資格です。

ここでのいちばんのポイントは

被扶養者は配偶者と子のみです。

家族滞在の資格なので、

扶養者と生計が同一であることが必須です。

 

また、扶養者が家族と生計を共にすることができるだけの滞在費があることも大切です。

 

しかし家族滞在の資格であっても、

資格外活動の許可を取得すれば、

就労することは可能です。

 

 

 

-ブログ一覧へ-