在留資格「文化活動」

こんにちは、行政書士法人IMSの森﨑です。

 

今回は在留資格「文化活動」についてお話ししたいと思います。

 

文化活動とは、

収入を伴わない非就労資格で、

学術上、芸術上の活動、日本特有の文化又は技芸について専門的な研究を行う活動、

専門家の指導を受けてこれを修得する活動です。

 

収入を伴わない学術上の活動とは、

外国の教授等が無報酬で行う研究生の活動等、学術上の活動がすべて含まれます。

また、受け入れ機関の活動計画と

申請者の本国での活動の関連性も大切なポイントです。

 

少し難しいですが、

いちばん身近な活動で言えば、

日本固有の文化・技芸である、

生花、茶道、柔道など我が国がこれらの発展のために大きな役割を果たしているものとされています。

 

また、収入を伴わない活動ですので、

日本滞在中の生活費などの審査については、

厳しい審査となるのではないかと

考えられます。

-ブログ一覧へ-