ESTAの有効期限について

こんにちは、行政書士法人IMSの岩渕です。

アメリカへ「短期商用・観光目的(90日以下)の目的で旅行短期で入国される場合は、日本人であれば査証免除プログラムの対象となりますが、米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインでESTA渡航認証登録しなくてはなりません。

一度ESTAで入国をされた後、2年以内に再度入国する場合は、その都度ESTA申請しなくてはならないのか心配になられたことはないでしょうか。

ESTAの有効期限については、通常一度認証を受けると米国への複数回の渡航が可能で、2年間有効です。

ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので御注意ください。

また、パスポートを新規に取得したり、渡航者が名前や性別、国籍を変更した場合の他、ESTA申請質問で渡航者が過去に回答した内容(はい、いいえ)が変更した場合も再申請が必要となります。

なお、アメリカ入国の際に、ESTAの申請番号を書類に記載するといった手間はなく、機械がパスポートの情報を読み取り、自動的にESTAの情報が処理されます。レシートの様なものがプリントアウトされますので、入国管理局審査官にパスポートと共にお渡しください(比較的大きい空港の場合)。

-ブログ一覧へ-