入国審査の裁量について

こんにちは、行政書士法人IMSの桑原です。

昨日の弊社Stephanieのブログにあるアメリカのように、各国では外国人の入国について自由に制限や条件を設定することが可能です。(裁量性)

ですので、各国独自の審査基準に合わせた審査が行われ、設定されている適用条件に合わない場合は審査が長引きます。

 

最近、立て続けに、アメリカビザが降りない・追加書類の要請があった等のご相談をいただきましたが、その内、学生の方は、科学・技術・設計・数学等理系の研究をされているケースが殆どでした。これにはトランプ政権の国内の科学技術系の知的財産の流出を避けるための措置が影響していると考えられます。

在日アメリカ大使館のHPには各種ビザ申請に必要な書類が記載されています。前述のような方は、研究内容など詳細を記述した履歴書の提出が必要です。随時更新される可能性がありますので、申請前には必ずご確認ください。

 

申請に必要な書類ややり方がご不明な場合でも、弊社で申請代行を承っていますので是非ご利用ください。弊社で取り扱いをしているビザは以下ページにまとめていますので、ご参考いただけますと幸いです。

アメリカビザの種類

-ブログ一覧へ-