高度専門職の配偶者の方の就労

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

在留資格「高度専門職」の配偶者の方は、在留資格「家族滞在」で資格外活動許可を取得すれば、週28時間以内でパートタイムでの就労が認められていますが、「高度専門職」の在留資格の配偶者と同居し、日本人と同等額以上の報酬得る場合には、「研究」、「教育」、「技術・人文知識・国際業務」又は「興行」に該当するフルタイムでの就労活動が認められています。
通常、必要とされる学歴・職歴に関する要件を満たす必要がなく、就労するための在留資格に変更するための要件が緩和されています。
 就労資格への変更申請が許可された場合には、在留資格は「特定活動」となり、パスポートに指定書が貼られます。そのため、在留カードのみでは、どのような活動で日本に滞在されているのかを知ることはできません。また、他の在留資格変更許可申請と同様に変更の事由が生じた時(就労先が決定した後)に申請することができます。
 在留期間については、高度専門職の方に決定された在留期間に基づき決定されます。高度専門職の方が、高度専門職の要件を満たさず、在留資格を変更する場合には、就労できる在留資格に変更しなければなりません。その際には、変更することとなる、学歴・職歴に関する在留資格の要件を満たす必要があります。

-ブログ一覧へ-