本国から家族を呼び寄せる手続きについて

こんにちは、行政書士法人IMS桑原です。

 

外国人に向けた新しい在留資格制度が政府から発表されて以来、様々なところで議論がされています。日本も選ばれなければいけない状況となっている中、日本を選んで来日してくれる外国の方には、ご家族を帯同して来日したい方(または既に来日されている方)も多いと思います。
家族と言っても、呼び寄せることができるのは配偶者及び子のみで、両親・兄弟・祖父母等は呼び寄せることができません。

 

「外交」、「公用」、「技能実習」、「短期滞在」、「研修」、「家族滞在」及び「特定活動」以外の在留資格で、身分系(永住者・日本人の配偶者等)の在留資格をお持ちでない方は、ご家族を呼び寄せるための申請を行うことが可能です。ただ、申請したからと言って、すべてが許可されるわけではありません。また、申請には申請書だけでなく、呼び寄せる方が呼び寄せた家族をきちんと扶養できるかという資料等も提出しなければいけません。(参照(法務省ページに飛びます):http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_NINTEI/zairyu_nintei10_19.html
そして、扶養者に扶養されることが条件となるので、呼び寄せてからも、例えば週に28時間以内しかアルバイトできないなど注意する点も多くあります。弊社では家族滞在の在留資格申請を数多く扱っております。ご興味ある方は是非お問い合わせフォームからご連絡ください。

-ブログ一覧へ-