日本での活動を終えたら・・・

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

外国籍の方が日本で活動するためには、入国・在留の目的に応じて在留資格を取得することになります。また、入国管理局での審査を経て在留期間が決定されることになりますが、在留資格により、決定される在留期間が異なります。

例えば在留資格「技術・人文知識・国際業務」では、受入組織や申請人の契約期間等に基づき、「5年」、「3年」、「1年」または「3月」のいずれかが決定されます。そのため、滞在予定期間が「2年」の場合では、「1年」又は「3年」が決定される可能性があります。「3年」が決定され、予定通りに日本での活動が終了した時には在留期限が1年先となります。

日本での活動を終え、日本を離れるとのことでしたら、在留期間が残存していたとしても空港で在留カードを返納し、することとなります(単純出国)。決定された期間内で日本での活動を継続しない場合には、日本での活動予定期間よりも長い在留期間が決定されたとしても、在留期限まで在留カードを継続して保持できることを意味しないことにご留意ください。

-ブログ一覧へ-