在留資格認定証明書の返却

こんにちは、行政書士法人IMSの岩渕です。

 

最近、しばしばお問い合わせがある事項として、外国人の在留資格認定証明書を申請し、証明書が発行された後、当初のスケジュールが変わり、認定証明書の有効期限内に入国できない場合の対応です。

 

入国管理局は、例え発行後3か月の有効期限が過ぎたものでも、入国管理局まで原本を返却することを要求しています。

 

認定証明書を再申請する場合に、以前の認定証明書を添付し、返却と同時に申請という手続きを採ることも可能です。

 

いうまでもなく、認定証明書をご返却の場合は、返却せざるを得なくなった理由を説明する文書を添える必要がございます。

 

 

-ブログ一覧へ-