就労のための在留資格の要件

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

外国籍の方がフルタイムで働くためには、一部の在留資格を除き、就労内容に沿った在留資格を取得することとなります。企業で働く大部分の方が在留資格「技術・人文知識・国際業務」を取得されていますが、こちらの在留資格を取得するためには、職務内容に専門性があり、学歴または職歴要件を満たす必要があります。そのため、日本人を採用する場合のように、学歴や経験を問わずに採用することはできません。

継続的にご依頼いただいている企業の方から、採用を検討されている外国籍の方についてご相談を受けることがあり、詳細を伺った上で弊社の見解をお伝えしています。

入国管理局と企業間での認識が異なり、採用を決定したとしても、申請が許可されずに入社できないという事態を避けるためにも、採用を決定する前に専門家にご相談いただくことを推奨いたします。

 

-ブログ一覧へ-