訪日外国人旅行者数2000万人突破 8月15日

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 

政府は東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に訪日外国人旅行者数4000万人を目標とし、毎年、2000万人を超えた時期がニュースとなりますが、今年は815日に2000万人を超えたとのことです。

外国人旅行者は多言語対応などの環境整備が進んでいることなどが背景に、アジア圏だけでなく、ヨーロッパやアメリカなどからの観光客も増えているようです。

今年1月から6月までの半年間で1500万人を超えており、815日までの短期間で500万人が日本を訪れたことにも驚かされます。

今後も毎年、訪日外国人旅行者数更新されていくことが見込まれます。

日本へ何度も訪れたいと思えるよう、交通や言語などを含め、様々な工夫が求められています。

 

-ブログ一覧へ-