外国人の方を狙った振り込め詐欺

こんにちは、行政書士法人IMS の岩渕です。

先月、入国管理局のホームページに、「“入国管理局職員を装う「振り込め詐欺」に御注意”」という表題の注意書が掲載されていました。

いずれも、入国管理局の職員を装って、友人の○○さんが入国審査でつかまり、お金を支払わないと入国できないので、すぐに指定する口座に振り込むように、といった内容のようです。また、中には、英語で電話がかかってきて、母国で起訴されているので、お金を振り込まないと在留資格を取り消し、強制退去になる、といったような、手の込んだものまであるそうです。

入国管理局がお金を振り込むよう、外国人の方に連絡することは、絶対にありません。在留資格が関連してくると、外国人の方は大変不安になるかと思いますが、絶対にお金を振り込まないようにしてください。

外国人の日本滞在の基礎となる在留資格を悪用し、身寄りが少なく、日本の法制度に詳しくない外国人を狙った、大変悪質な犯罪であると憤りを感じると共に、日本社会もここまで来たかと感じさせられました。

http://www.immi-moj.go.jp/others/pdf/180926-bank-transfer-fraud.pdf

http://www.immi-moj.go.jp/

-ブログ一覧へ-