在留資格「留学」2019年4月入学者の申請受付スタート

行政書士法人IMSの冨田です。

通常入国管理局では、入国予定日の3ヶ月前からしか

在留資格認定証明書交付申請を受理しませんが、

4月入学の留学生については申請数が多く

入国管理局での審査に時間がかかることから、

申請可能な時期が前倒しにされ、昨年は12月から受付が開始されました。

今年は更に早まり、既に11月半ばから受付が開始されています。

例えば入国予定日が3月15日である場合、

通常ですと3ヶ月前の12月15日からしか申請できませんが、

在留資格「留学」については今すぐに申請が可能です。

また、在留資格認定証明書は発行から3ヶ月以内に

日本に入国する必要がありますので、

あまり早く発行されてしまうと困る場合もあるのですが、

今回のような特別なケースでは、入国管理局で先に審査だけしておいて、

認定書発行のタイミングは調整してもらえますので、心配は不要です。

今秋入学の留学生についてはやはり申請数が多かったため

一般的に4週間から6週間程度で発行されるものが、2ヶ月前後を要しました。

受入機関のご関係者様は、準備が出来次第速やかに申請されることをおすすめ致します。

学術機関向けビザの一覧

学術機関向けビザの一覧

-ブログ一覧へ-