米国政府機関一部閉鎖・・・。

こんにちは。行政書士法人IMSの宮洞です。

年の瀬に米国政府の暫定予算が21日で期限切れとなることが確定し、
一部の政府機関が閉鎖されるというニュースが掲載されていました。

不法移民流入防止策として揚げるメキシコ国境への壁の建設で合意するまで
閉鎖が続く見通し。

一部のメディアでは長期化の可能性を警告してるところもあり、年明けに
ずれ込む可能性が現実味を帯びてきています。

F・M・Jビザ渡米者に課す滞在記録管理システム「SEVIS」を発行する機関、
米国国土安全保障省も影響を受けており、SEVISが発行できずにいます。
この状況が解決しない限り渡米者は待つしかないのですが、
米国時間27日に協議を再開するもようです。
引き続き注視していきたいと思います。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-12-23/shutdown-could-last-until-january-as-leaders-leave-washington

 

規定や条件が複雑なアメリカビザの申請代行を致します

https://attorney-office.com/biz_us_visa.html

-ブログ一覧へ-