アメリカビザ申請 214bで申請却下。不許可理由

こんにちは。

行政書士法人IMSのコンサルタント、Watanabeです。

アメリカビザの基本情報を発信していきます。

 

アメリカビザ申請をして、残念ながら不許可となってしまうと

領事からレターを渡されます。

そのレターに記載された内容で多く目にするのが

INA214(b)に基づき、申請が却下されました。」

ということです。

 

では、INA214(b)ってどういうことでしょう?

米国移民国籍法(INA)214(b)条には、下記述べられています。

 

「全ての非移民ビザ申請者は米国に永住する意思がある」仮定しています。

非移民ビザが許可されるためには、

申請者は、申請するビザの種類に適した資格があること、

そして許可された滞在期間が終了した後、

米国を離れ、自国に戻ることを領事に納得させなければなりません。

つまり、社会的、経済的、及び家族による強い結びつきが

米国以外にあることを申請者自ら証明しなければなりません。」

 

つまり、INA214bで不許可とは、

自国とのつながりを証明する書類が不足していた、

という原因も考えられます。

IMSでは、不許可となったお客様のご相談を

多く受けています。

不許可とされた申請に準備した書類を一式精査し、

自国とのつながりを証する資料に不足がなかったか。

再申請の見込みがあるか、判断します。

再申請の見込みがある場合には、申請時に不足していた

ほかの書類をご案内、作成いたします。

再面接で許可された実績も多くございます。

 

不許可になっても、再チャレンジされたい方、

お問い合わせください。

お問い合わせ

アメリカビザ申請LP

-ブログ一覧へ-