ジョンが行く:日本に行くためのビザ準備②

春ですね。あちこちからクシャミの音が聞こえる3月ももう終わり、後数日で新しい学校・新しい会社に入って新しい生活が始まる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

米国からやってくるジョンくんは、急がないと4月の入社に間に合いませんが大丈夫でしょうか。果たして来日できるのか。半分フィクション前回の「ジョンが行く」はコチラ

 

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

ジョンくんはカリフォルニアの自宅で心配になり始めていました。

 

「イトウさんが申請書類にOKをくれたメールからもう3週間も経ってる。。全然連絡が来ないけど大丈夫なのかなぁ。」

 

ジョンくんは自分のメールを受信フォルダから迷惑メールフォルダまで隈なく探りました。IMSイトウさんからのメールはどこにも来ていないようです。

 

「イトウさんに連絡してみようかなぁ。前田さんに連絡した方がいいのかなぁ。連絡すると怒られるのかなぁ。」

 

しかし、ジョンくんも株式会社NYKNに入社しなければいけないため、気を使っている場合ではありません。意を決しイトウさんにメールをしました。

 

「イトウさん、ジョンです。僕のビザ(*1)はまだ下りないんでしょうか?」

 

翌日、イトウさんから返信が来ていました。

 

「現在、入国管理局への申請数が非常に多く、入管での審査に時間がかかっています。審査状況は随時確認していますので(*2)もうしばらくお待ちください。」

 

「そうか、日本は4月が学校や会社の始まりだった。日本に行きたい人が沢山いるんだな(*3)。」

 

ジョンくんは自分のような人も沢山いることにワクワクしてきました。そして、それからしばらく待っていると、イトウさんから連絡が来ました。

 

「ジョン様、お待たせいたしました。ジョン様の在留資格認定証明書が発行されましたので、本日国際郵便にて発送いたします。お手元に届きましたら・・・・・・」

 

「イエス!ビザが出たよ~。これでやっと日本に行けるぞー。ん?待てよ、イトウさんからのメールに何か書いてるぞ。最寄の日本大使館に行ってビザを申請する?え?ビザが発行されたんじゃないの?よく分からないな。教えてくれたURLに行ってみよう。・・・ふむふむ・・・そうか、2段階でビザを取得する必要があるのか。(*4)」

 

ジョンくんは最寄の日本大使館へ行き、ビザ(査証)申請をしました。係員の人の言うことには、4,5日後には発行されるとのことでした。

 

(来月に続く)

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

*1:ジョンが行く第一回でも触れましたが、日本の入国管理局にはビザ(査証)発行申請をするのではなく、そのビザを取得するために必要な在留資格認定証明書を交付してもらうための申請を行います。

*2:入国管理局は申請に関する審査状況の詳細について教えてくれませんが、行政書士法人IMSは週に数回入国管理局へ出向き、審査状況の確認を随時行っているため、ご依頼いただいた場合には、タイムリーな進捗情報を受け取ることが可能です。

*3:観光で日本への来日者数が多いのはニュース等でよく見かけるので知られていると思いますが、在留資格を取得して3か月以上日本に中長期滞在する外国籍の方も毎年増加しています。最新の日本在留外国人数はこちらをご参考ください(平成31年3月22日付法務省入国管理局データより)。

*4:査証発行まで2段階(日本で在留資格認定証明書交付申請→各国で査証申請)で行うことは必須ではありませんが、各国の日本大使館に在留資格認定証明書なしで査証申請を行うより、日本で在留資格認定証明書交付申請をし、各国で査証申請する方が、全体の時間は短くなる傾向にあります。各国の日本大使館では、中長期滞在者のビザを発行するための必要書類の一部として在留資格認定証明書が指定されています。各国によってビザ発行のための必要書類は異なるため、必ず来日される方の国の日本大使館のHPで事前に必要書類をご確認ください(受け入れ機関が招へい人として情報提供が必要な場合もあります)。

-ブログ一覧へ-