単純に滞在できるビザはない

こんにちは。行政書士法人IMSの洪です。

昨日は、知人から中国にいる従兄が日本に来て生活をしたいと言っているが、どんなビザを取ればいいかと言う相談がありました。「残念ながら、単純に日本に来て住みたいと言う人向けのビザは、日本には存在しないんですね~」と答えました。

ビザの世界に詳しくない方にとっては、信じ難い事実かも知れませんが、実に現実であります。

基本的に何かの目的がなければ、日本のビザを取得することは出来ません。例えば、日本で、留学をするなら「留学ビザ」、就労をするなら「就労ビザ」、家族と一緒に住みたいなら「家族ビザ」、日本人と結婚したら「結婚ビザ(日本人の配偶者ビザ)」、会社を作って商売をしたいなら「経営管理ビザ」を取得しなければなりません。

以前は、日本でマンションを購入したらビザがもらえるとかのような噂も出回っていましたが、そんな事実はありません。

以上ように、日本のビザと言うのは、それぞれの目的(活動)に応じてそれに該当するビザが付与されます。また、ただ申請すれば誰でも取得できるものではなく、厳しい審査を経て日本政府から認められた者にだけ付与されます。

-ブログ一覧へ-