出入国在留管理庁

行政書士法人IMSの冨田です。

 

4月になり、新年度がスタートしましたね。

1日には新元号「令和」の発表に加えて、

日本の外国人受け入れ制度にとって歴史的な転換点となる

在留資格「特定技能」が始まったことも重なり、

新たな時代の幕明けを強く感じています。

 

4月1日からの変更としては、もうひとつ、

入国管理局が格上げされ、法務省の外局である「出入国在留管理庁」となりました。

その他に地方出入国管理局(8局)、同支局(7局)、出張所(61か所)

及び入国管理センター(2か所)が設けられています。

http://www.immi-moj.go.jp/soshiki/

 

日本に在留する外国籍の方の数は増加する一方ですが、

ビザの取得や在留制度に関する事柄は依然として一般の方にはわかりづらく、

わからないことで不安もあるかと思います。

もしビザのことでお困りでしたら、IMSにお気軽にご相談ください。

-ブログ一覧へ-