日本の預金口座について

こんにちは。行政書士法人IMSの洪です。

 

今回は、在留外国人のために、日本の預金口座について少しお話したいと思います。

 

日本に中長期に在留する外国人の方も、皆日本の銀行口座を持っていると思いますが、日本での生活をたたんで、完全帰国する場合は銀行に行って「非居住者への変更届」をすることをお勧めします。この手続きをしておくと、今後日本で引き続き当該口座を利用する場合、各種手続きがスムーズになります。

 

もし上記の手続きをしないで帰国してしまうと、今後観光とかで来日し、日本の銀行窓口で預金関連などの手続きをする場合に問題となります。ATMとかで現金を引き下ろすには特段問題ありませんが、窓口で手続きが必要な場合は、日本での本人確認書類(外国人の場合は在留カード)の提示を求めれますので、この提示が出来ないと手続きが出来ない場合があります。

※外国人の方は帰国の際、基本的に在留カードを日本政府に返納しなければなりません。

 

「非居住者への変更届」をしくおくと、一時来日の場合でもパスポート持って本人確認が出来ますので、非居住者として銀行で窓口手続きが可能です。

 

特に、帰国後日本において会社設立等を計画している方は、日本から帰国前に「非居住者への変更届」をしておいた方がいいです。例えば、会社設立のために自己名義の日本の口座に海外から資本金を振り込んだ場合、非居住者になっていないと上述したように日本での本人確認書類(在留カード)を求めらるため、在留カードがないと資本金の入金(着金)手続きが出来ないのです。

 

「非居住者への変更届」は、日本を出国する前またはその後(一時来日など)でも可能とのことですが、できるだけ帰国前に手続きをしておくことをお勧めします。

-ブログ一覧へ-