中国人留学生へ米国ビザ発給制限?

行政書士法人IMSの宮洞です。

ここ最近、米国ビザ審査が非常に厳しくなってきている中、
中国人学生のビザ取得が制限を受け、学業に影響が出ているようです。

中国教育省によると、米国ビザの取得を巡り、審査期間の延長や、
有効期限の短縮、ビザ発給の拒否といったケースが出ているのだそうです。
今年1月〜3月に派遣予定の国費留学生1353人のうち、182人
(13.5%)がビザの問題で留学ができなかったという。

理由として不正に情報を窃取しているとの懸念が広がり、
中国人へのビザ発給の厳格化を求める声が米国では上がっているのです。

中国側は、米国の行為は、両国の教育交流や協力に暗い影を落としている。
と指摘した上で、米国に対応の改善を求めているという。

日本人のビザ申請に限らず、全ての申請者に対して厳しくなってきている
のは明らかといえるかもしれません。

ビザ申請には相応の準備と、時間に余裕を持って行っていただきたい。

-ブログ一覧へ-