アメリカビザ申請 DS160作成

アメリカビザ申請DS160作成

こんにちは。

行政書士法人IMSコンサルタントWatanabeです。

アメリカビザ申請をする際には、

ビザのカテゴリーにかかわらず、

必ずDS160という、オンライン申請書の作成が必要です。

申請者本人に係る個人情報の多くを入力します。

もちろん全て英語で作成する必要があります。

自分に関する情報は比較的容易に

回答することができますが、

途中で両親の情報が聞かれます。

私自身両親の誕生日を、

昭和で答える事はできますが、

これを西暦に直して回答するとなると、

インターネットで一度確認しなくてはならないなど、

作成に結構時間がかかります。

また、過去に勤めた会社の情報、

上長の名前、連絡先なども聞かれます。

申請人が男性の場合には過去の学歴も聞かれます。

とにかく時間がかかります。

そのために保存をしながら、

少しずつ丁寧に的確に作成する必要があります。

もし、家族で渡米することが必要な場合には

家族1人ずつ作成する必要があります。

とにかく時間がかかります。

行政書士法人IMSでは、

DS160の申請代行も承っております。

ただし、私どもがDS 160正しく作ったとしても、

お客様がその他に提出する書類に誤りがあれば、

私たちにご依頼いただいたことの意味がありません。

従いまして私どもは

DS 160の作成のみではなく、

提出書類のご案内から、面接予約、

面接前ガイダンス等を含めたビザ申請サポートをいたします。

ご質問がありましたらぜひお問い合わせください。

-ブログ一覧へ-