アメリカビザ 基本情報 ESTA・エスタビザ免除プログラム 

こんにちは。

行政書士法人IMSのコンサルタント、Watanabeです。

アメリカビザの基本情報を発信していきます。

 

ビザ免除プログラム(ビザ・ウェイバー・プログラム)とは?

日本国籍者は、90日以内の観光や商用目的の場合には、

ビザ(査証)なしでアメリカへ渡航することができます。

これは、日本とアメリカ間の相互的な特例の措置があるからです。

2009年1月12日より、ビザ免除プログラムを利用して

アメリカに渡航する際には、

飛行機や船舶に搭乗前にオンラインでESTA(エスタ)と呼ばれる、

電子渡航認証システムを事前に申請しなければならなくなりました。

ESTA申請の後半部には、セキュリティクエスチョンが連なります。

これは全て、通常はいいえで回答する箇所ですが、

誤ってはいと回答した場合、渡航許可がもらえない可能性が大です。

回答の修正をCBPに連絡しても、

だいたいは、最寄の大使館領事館でビザ申請をしなさいという、

定型文のメールが返ってきてしまいます。

ESTAの申請は余裕をもってすることを強く推奨します。

 

ESTAの申請を誤ってしまった場合には行政書士法人IMSにご相談下さい。

 

アメリカビザの種類の説明と申請が却下になった方へ!

 

 

-ブログ一覧へ-