特定技能ビザの斡旋業者について

こんにちは。IMSの洪です。

今日は、2019年4月から施行された「特定技能」に関して、少しお話ししたいと思います。

 

中国にいる知人から入った情報ですが、「特定技能」ビザでの派遣が募集されている地域があるようで、この知人も、もう約半年も前に「介護」分野で申し込んだそうですが、未だに手続きに進展がないということで、悩み相談を受けていました。

 

最初にこの話を聞いた時には、技能実習生で来るのかなと思いましたが、後々の話からしたら、何と「特定技能」ビザのことだったのです。しかし、中国内では「特定技能」ビザに係る技能試験がまだ実施もされていないし、またその実施時期も不確定なのに業者が募集をしているということにはびっくりしました。しかも、5年間の在留期間がもらえ、永住申請も出来るというようなことを宣伝されたそうです。これはどう考えても悪質なブローカーでしかないと思います。仲介手数料は、手続き毎に何段階かに分けて支払うとのことですが、総額約65万円くらいだそうです。

 

添付画像は、その業者から配布された書類で、内容は中国語ですが、このような内容での「労務派遣」業者の勧誘には、絶対気をつけていただきたいです。

 

また、「特定技能」ビザに関する最新情報に関しては、以下法務省の関連ウェブベージで確認してください。
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00127.html

 

くれぐれも悪質なブローカーに引き込まれないように、最新情報を確認しながら、気をつけてください。

-ブログ一覧へ-