特定技能 新設のその後

こんにちは。

行政書士法人IMSのコンサルタント、Watanabeです。

特定技能の在留資格が新設されました。

導入後のその他の就労の資格にも審査は影響していて、お問い合わせを頂くようになりました。

特定技能という在留資格制度が開始され、在留審査が厳格になってきています。

今まで、飲食店における店舗の運営・管理業務では、技術・人文知識・国際業務の在留資格が認めていたが、更新で不許可となる可能性も考えられます。 

今までは認められていた申請人が、不許可となる事は、心構えしておくと良いかもしれません。

今後どうポジションにおく外国人については、日本語能力に加え、本国の大学で経営学等を専攻された方を対象に採用するとよいでしょう。

お困りのことがありましたら、お問い合わせください。

 

 

 

-ブログ一覧へ-