子供のESTA申請ミス アメリカビザ申請

こんにちは。

行政書士法人IMSのコンサルタント、Watanabeです。

 

ここ最近、立て続けにお子さんのESTA申請をミスしてしまった、という

問い合わせを受けました。

 

まだ生まれて僅か。。。ESTA申請の適格性の質問部分で

「いいえ」で答えるべきところを「はい」で回答してしまった。

そのため、渡航が許可されませんでした。

ご両親。慌てて再申請を試みるも却下。

 

赤ちゃんを連れての初めてのハワイ旅行を楽しみにしていたのに。

ここにきてESTA却下。焦りに焦ってお問い合わせを頂きました。

アメリカ大使館のサイトでは、下記案内がされています。

質問に間違って回答してしまった、

または “却下の理由” に該当すると思ったが

実際は該当しなかったことが分かった場合には

CBPにお問い合わせいただくことをお勧めします。 

CBPにお問い合わせをする場合、

お問い合わせフォームから質問を送信してください。

お問い合わせフォームにはなぜ間違って

「YES」を選択したかの理由を明記してください。

(アメリカ大使館サイトより引用)

 

CBPにお問い合わせすると、成人についてはほぼ間違いなく

定型文で最寄の大使館領事館でビザ申請をするように。

というメールが返信で送られてきます。

 

一方で、子供の場合には、運が良ければ

一回の問い合わせでキャンセルして修正してくれる場合もあります。

ただ、担当者によっては申請者の情報を精査せず、

成人同様の定型文を送ってくることがあります。

もし、お子さんのESTA申請でミスをした場合には、

諦めずにCBPに修正のお願いをしてみる、というのも

有りかと思います。

ただ、これは絶対に認められる、ということではないので予め

ご理解ください。

 

ESTA却下されてお困りの場合にはIMSにお問い合わせください。

アメリカBビザ申請

 

-ブログ一覧へ-