珍爱生命与签证,远离毒品

大家好,我是IMS的李。

近期日本很多明星艺人被举报吸食大麻以及毒品,造成很大的社会影响。

日本是一个对毒品管控比较严格的国家,虽然没有像中国一样运输大量毒品会被判死刑一样严重,但全体社会对于吸食大麻以及其它毒品的容忍度是很低的。

一旦艺人被爆出吸食毒品,自己的职业生涯基本就会断送。

同时,日本,美国都对有吸食毒品经历的人的入境审查十分严格。

足球明星马拉多纳就曾经因为吸食毒品在1994年被日本拒绝入境,2002年世界杯期间也只能以阿根廷观光,体育大使的身份才能入境入境日本观看决赛。

 

以下是日本出入国在留管理局的规定

日本から退去強制された者や出国命令を受けて出国した者が,再び日本に入国することは可能ですか。

日本から不法残留等を理由に退去強制された者や出国命令を受けて出国した者は,入管法の規定に基づき,原則として,一定期間(これを上陸拒否期間と言います。)日本に上陸することはできません。具体的には以下のとおりです。

  1. ① いわゆるリピーター(過去に日本から退去強制されたり,出国命令を受けて出国したことがある者)の上陸拒否期間は,退去強制された日から10年
  2. ② 退去強制された者(①の場合を除く)の上陸拒否期間は,退去強制された日から5年
  3. ③ 出国命令により出国した者の上陸拒否期間は,出国した日から1年

また,日本国又は日本国以外の法令に違反して1年以上の懲役又は禁錮等に処せられた者や麻薬,大麻,あへん,覚せい剤等の取締りに関する法令に違反して刑に処せられた者は,上陸拒否期間に定めはなく,日本に上陸することができません。

 

 

日本:吸毒者不许入境 马拉多纳“世界杯之旅”受阻

http://2002.sina.com.cn/s/2002-05-24/244637.shtml

-ブログ一覧へ-