日本政府将新型肺炎列为”指定感染症“

大家好,我是行政书士法人IMS的李。

随着中国武汉爆发的新型冠状病毒肺炎疫情的扩大,在日本的患者也在不断增加。

日本政府在1月27日依据《感染症法》将新型肺炎列为”指定感染症“,这就意味着日本政府可对已患有及被怀疑患有新型肺炎的人进行强制入院。

日本政府也宣布,不论年龄及国籍等条件,以上措施所产生的医疗费用全部由政府负担。

另外日本政府也委托全日空派出政府包机接回在武汉滞留的日本人,预计今天将返回日本。

 

民间方面,日本的口罩也处于供不应求的状态,很多商店都已经对口罩采取限购措施。

 

参考资料

(感染症法第6条)

指定感染症: 既に知られている感染性の疾病(一類感染症、二類感染症、三類感染症及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)であって、感染症
法上の規定の全部又は一部を準用しなければ、当該疾病のまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあるものとして政令
で定めるをいう。

指定感染症:对于已知的感染性疾病,该疾病不属于感染症法所具体规定的疾病时,为防止该疾病蔓延导致国民的生命与健康遭受重大威胁,政府可发布政令将该疾病列为”指定感染症”。

 

弊社の新しいホームページ↓

https://imsvisa.support/

お問い合わせ↓

https://imsvisa.support/contact/

-ブログ一覧へ-