米ディズニー、マスク不要。(ワクチン完了ならね ! )

こんにちは。IMSの香月です。

コロナ感染者数が思うように減っていかない状況で、五輪までに収束するのかといった不安や、3兆円を超える予算が妥当かどうかという意見、また「負のレガシー」になるのではないかという懸念が残っていて、オリンピックいよいよ中止か!と色めきたつ声も聞かれましたが、ついに開催まで残すところ一か月となりましたね。

個人的にはやると決まったら、開催を好意的に受け止めたいと思っています。

開催にあたっては、30兆円にのぼる経済波及効果や、関連した市場での雇用の創出、そしてインバウンド市場の更なる発展というオリンピックがもたらすメリットも無視できません。

 

先日のG7でも日本の首相は開催を声高らかに決意表明しました。

なにがなんでも東京五輪は開催する!一度言ったことは曲げずに貫き通す、約束は絶対守る。武士に二言はありません!ということでサムライ魂を感じた次第です。

 

さて、こんなニュースを耳にしました。

ディズニーの米テーマパーク、マスク不要に (ワクチン完了ならね!)

https://jp.reuters.com/article/walt-disney-parks-masks-idJPKCN2DQ25H

 

さすが太っ腹なアメリカですね。日本ではクチンが普及してもしばらくの間は、お化け屋敷ではお化けと距離を保ち、遊園地ではジェットコースターや絶叫マシンに乗ってもマスクを着け、大声は出さないようにといった行楽地での新たなガイドラインが設けられることでしょう。ですが正直・・・私はそういう場所に行ったら気兼ねなく絶叫したい派です。

コロナ禍での不安定な状況下で筆者のイヤイヤ期真っ只中の子供と一日中家で過ごすのはとても疲れます。子供も外出できずストレスが溜まっています。布団にダイブした雄叫びしたり。子供なりに色々と発散しているようです。そんな中耳にしたこのニュース。

子供だって私だってたまには叫びたい!今すぐにでもアメリカ、夢と魔法の国へ飛び立ちたい気持ちになりました。

 

アメリカ渡航にはビザが必要です。ビザ申請へのご相談は私たち行政書士法人IMSにお任せ下さい。

 

-ブログ一覧へ-