戸籍の掛紙

行政書士法人IMSの冨田です。

 

行政書士は職務上必要な戸籍謄本や住民票等の証明書を

お客様に代わって取得することができます。

弊社でも、主に海外在住のお客様のご依頼で証明書の取得をしておりますが、

古い除籍謄本や改製原戸籍謄本の中にはページの一部が空白になっていて

一見落丁のように見えるものがあります。

 

これは戸籍を手書きしていた頃に掛紙(かけし)対応されたもので、

落丁ではありません。

掛紙とは、記録すべき情報が多くなって記載欄が足りなくなった時に

ちょうどその欄と同じ大きさの短冊状の紙を上から貼りつけて

そこに書き加えたものです。

掛紙をめくれば もともと下に書かれていた内容も見られたのですが、

それをデータとして保管する際に、掛紙をめくった状態で1ページと、

掛紙に書かれたデータだけで1ページが作成されたため、

一部空白になっているように見えるのです。

 

もし古い戸籍を見る機会がありましたら、殆ど真っ白なページがあっても

驚かないで下さいね。

 

 

 

-ブログ一覧へ-