ロールタイプ付箋

行政書士法人IMSの冨田です。

 

私は昔から雑貨などの小物が好きで、その流れで文房具も大好きです。

仕事をしている時も、きれいな色の小物や使い勝手の良い気に入ったものが手元にあるだけで何となく気分良く過ごせますし、バタバタとするべきことに追われている時も好きなものに触れるだけで小さなハッピーを感じてリフレッシュできます。

そのため、必要な文房具は全て会社から支給されているのですが、それとは別に趣味と実益を兼ねた自前のものも意識的に自分のデスクに置いています。

 

そんな私がここ数ヶ月、特に気に入っている文房具のひとつにロールタイプの付箋があります。

小さなセロハンテープのような形の付箋がディスペンサーに収まっているもので、必要に応じて自分の好きな長さにカットできるため、字の大きさを紙に合わせるのではなく、書いた内容に紙の大きさを合わせることができて使い勝手が良いのです。

何色かセットになっていて発色も良いので、見ているだけで元気がでます。私はその時の用途や気分でどの色を使うか決めています。

通常の付箋のひらひらした感じが何だか心許ない…と思うような時に重宝しています。

 

書き味の滑らかなお気に入りのボールペンでこの付箋にメモをしていると、仕事も捗る気がします。

 

今日もお気に入りの文房具に元気をもらいつつ、業務に励みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-