コロナ禍のハワイ最新入国方法

こんにちは。IMSの香月です。

いよいよ明日からゴールデンウィークですね!昨年はステイホームで外出自粛をし、我慢を重ねてきたのですが、数日前に都府県で緊急事態宣言が発令されたことを受け、昨春以上の外出自粛の要請が。まさかの2年連続で盛り上がれないGWとなってしまいそうです。憎き新型コロナウイルスのせいで旅行に行けない辛い日々がまだまだ続くのでしょうか…。嫌なことや辛い事があっても、旅行に行くという現実逃避があるからこそ仕事を頑張ろうと言う人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。

あるアンケート結果によれば、コロナが収束したらやりたいこと1位は旅行で、行きたい海外旅行先第1位はハワイだそうです。日本人に大人気の観光地、ハワイ。2021年現在、まだ多くの国が日本からの入国を禁止していますが、実はハワイは日本からの観光客を受け入れています。

日々感染が拡大する状況を深刻に受け止め、世界中の人々が訪れる観光地のハワイでは拡大防止のための様々な対策が実施されています。中でも注目すべきは、アメリカ本土と日本の渡航者を対象にした事前検査プログラム“PCR検査と陰性証明書提出”でしょう。

ハワイ観光庁は、昨年9月頃には日本からの観光準備に備え「ハワイ州新型コロナウイルス情報サイト」を開設し、アメリカ以外の国では初めて事前検査プログラムの検査対象として、日本の厚生労働省が認定した新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(Nucleic acid amplification testing)を認めると発表しました。日本からの渡航者がこの検査を受け、ハワイ州保険局認定の英語陰性証明証を持参すれば、14日間※の自己隔離措置が免除されるというもの。これだけでも大変な朗報です。入国の際に隔離措置があることを考えるとまさに夢のような好条件。観光で大半の経済を回しているハワイ。州が一丸となって観光に力をいれており大変な意気込みを感じます。

※入国制限措置は延長や変更となる場合があります。今後発表される最新の情報をご確認ください。【4/27現在の情報:現在ハワイ州では、米本土と日本の渡航者を対象に事前検査プログラムを実施しており、出発前72時間以内にハワイ州認定の医療機関で行ったPCR検査の陰性証明を提示すればハワイ到着後の10日間の自己隔離措置が免除されます】

なるほど!ハワイには比較的簡単に行くことが出来るというのはわかりました。でも…問題は私たちの国、日本。ハワイを満喫し帰国後、日本で待ち受けている入国後の厳しい措置をご存知ですか?そう!渡航した国でPCR検査を受け日本帰国時に陰性証明を提出し、出国前検査証明書を提出しなければ、入国拒否となってしまうのです…トホホ。これでは楽しいはずの旅行が全く楽しくないストレスフルなものとなってしまう可能性大。

そんな訳で一日も早く事態が収束し、安心して旅行を楽しめる日々が戻ることを願うばかりです。

-ブログ一覧へ-