電子辞書

こんにちは。行政書士法人IMS 木滝です。

 

皆さんは、紙の辞書・電子辞書どちらを使っていますか。

中学生になると電子辞書を利用する子供が増えてきます。

我が子の通う公立中学は特に指定はなく、電子辞書でも紙媒体の辞書でも自由に選択できます。

ただ昔ながらの紙の辞書が良い、とされている学校もまだ多く、また電子辞書は・・・と紙媒体の辞書をあえて選択させる学校・保護者も少なくありません。

 

なぜあえて紙の辞書なのか、以前先生や親に聞いてみたことがあります。

・言葉を調べた時、お目当ての言葉の前後に記載されている言葉も目に入り、

同時に覚えることが出来る。

・文例がたくさん掲載されていて文脈にある意味を見つけやすい。

・一度調べたところは付箋やマーカーで印をつけることが出来る。

・時間がかかるが時間をかけて調べた分忘れにくい。

 

などがあるそうです。

 

確かに勉強好きな子供や好奇心の強い子供は、そのように辞書を使いこなすでしょう。

しかし、紙の辞書のメリットを十分に生かし、使いこなせる中学生が一体どれだけいるでしょう。我が子も例外ではありません。ただでさえ勉強に部活にと多忙な中学生。

言葉の意味を調べるのに時間がかかる→時間を取られ課題が終わらない→終わらないからイライラする→モチベーションが下がる、の悪循環。結果、辞書で調べるという行為自体を放棄してしまいます。

 

批判されることもある電子辞書ですが、お目当ての言葉がすぐ見つかるし、前後に候補となる単語は出てきます。文例もたくさん掲載されています。もちろん単語帳登録機能もあれば、ご丁寧に発音までしてくれます。勉強が好きではない我が子も、電子辞書を与えてからは使用頻度が格段に高くなり、英単語については、気が付くと音声に合わせて発音記号まで読めるようになっていました。

何よりも元々辞書を使いたがらなかった子が辞書を使うようになったこと自体大きな進歩です。

電子辞書より紙媒体の辞書、と決めつけるのではなく上手く使い分けたいですね。

-ブログ一覧へ-