上陸港での資格外活動許可申請

行政書士の川上です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、小さな春の訪れが其処此処に感じられるようになりました。

そして、本格的な春を迎える来月辺りから、

たくさんの留学生が4月からの新入生として来日すると思います。

 

多くの留学生は授業以外の時間や長期休暇を使って、アルバイトをしますよね。

アルバイトとはいえ、日本の社会の一員として働く訳です。

学校では得られない経験ができるという観点から考えれば、

本業が疎かにならない程度ならアルバイトはやった方が良いのかもしれません。

その場合、原則的に資格外活動許可を得なければなりませんが、

東京入国管理局ではその手続き完了まで約4週間が掛かります。

しかし6か月以上の在留期間を付与され、新規で入国する在留資格「留学」の方は

入国港で資格外活動許可申請ができます。

その場合問題なければ即日許可が発行されるので、

できたら入国の時に行ってしまうのがお勧めです。

 

なお、成田や羽田などの入国時に在留カードが発行される空港以外の

空港等から入国する場合でも申請可能です。

これは「留学」の在留資格で新規の入国者に限定されるのと、

「留学」でも3ヵ月の在留期間が決定された方は、

対象外になるのでご注意下さい。

 

春はもうすぐ、活気溢れる新学期を迎えるキャンパスで、

新入生の皆さんとビザコンサルティングサービスでお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

-ブログ一覧へ-